Tonyu System 1 - wiki


命令リファレンスWikiトップ

$Optionsオブジェクト

各種設定を行います

メソッド一覧

get$Options.setメソッドで設定したプロジェクトの設定を得ます。
setプロジェクトの各種設定を行います。

$Options.get

$Options.setメソッドで設定したプロジェクトの設定を得ます。

書式

get(name)
  • name
     設定項目の名前($Options.setメソッド参照)

戻り値

設定されている値


$Options.set

プロジェクトの各種設定を行います。

書式

set(name,value)
  • name
     設定項目の名前
  • value
     設定する値

設定項目の名前(name)として指定できるのは、今のところ次いずれかです。

  • deactivation_pause
     値(value)が1ならば、Tonyuがアクティブでないときに実行を自動的に一時停止します。0なら一時停止しません。
  • deactivation_disableKey
     値(value)が1ならば、Tonyuがアクティブでないときにgetkeyメソッドを無効にします。0なら無効にしません。
  • sound_stopOnPageLoad
     値(value)が1ならば、$projectManager.loadPageメソッドでページを切り替えたときにBGMを停止します。0ならページをまたがってそのまま演奏されます。
  • sleep_time
     フレームごとにCPUをスリープする時間(単位:ミリ秒)を設定します。
     「パフォーマンス」ウィンドウの「CPU負荷」をプログラムから動的に設定するためのオプションです。
     ※ ver1.29からはsleep_timeを設定しなくても(デフォルト値の0でも)、CPU負荷がかかりません
  • disable_pause
     F3キーや「実行」→「一時停止」で一時停止する機能を、無効にするかを設定します。
     値(value)が1ならば、一時停止を無効にします。0なら一時停止を有効にします。
     それ以外の値ならば、開発環境では一時停止を有効、ランタイムでは無効にします。

例1

extends SpriteChar;
$Options.set("deactivation_pause",1); 
// ↑Tonyu以外のアプリケーションをアクティブにすると
// 一時停止する
while (1) {
  x++;
  update();
}

命令リファレンスWikiトップ