Tonyu System 1 - wiki


命令リファレンスWikiトップ

$mplayerオブジェクト

音楽、効果音の制御を行います

メソッド一覧

playBGM,効果音を演奏します
stopBGMの演奏を停止します
setVolumeBGMの音量を調節します
setDelay効果音を鳴らす際の待機時間を調整します

$mplayer.play

BGM,効果音を演奏します

書式

play(s,autoReplay,vol)
  • s
     演奏するサウンドオブジェクト
  • autoReplay (省略可能)
     Midiを繰り返し演奏する場合は1
  • vol (省略可能)
     効果音の音量(0-128)

例1

(予め、BGM・効果音ウィンドウで test.wavというサウンドファイルを読み込んでおく必要があります)

extends SpriteChar;
while (1) {
  if (getkey(32)==1) {$mplayer.play($se_test);}
  update();
}

▲ スペースキーを押すとtest.wavが鳴ります


$mplayer.stop

BGMの演奏を停止します

書式

stop()

例1

$mplayer.stop();

$mplayer.setVolume

BGMの音量を調節します

このメソッドは.mzo形式にのみ利用可能です

書式

setVolume(vol)
  • vol
     音量(0-256)

例1

for (i=256; i>0; i--) {
  $mplayer.setVolume(i);
  update();
}

▲ フェードアウトします。他の音楽を鳴らす前には$mplayer.setVolume(256)を実行してください。(音が出なくなります)


$mplayer.setDelay

効果音を鳴らす際の待機時間を調整します

書式

setDelay(time)
  • time
     待機時間 (サンプル数:1秒=44100)
  • 効果音の最初の部分が途切れる場合は,この値を大きめにしてください
  • 規定値はWindowsのバージョンによって以下にしています
Windowsのバージョン規定値
Windows XP以前1350
Windows Vista / 72400
Windows 8 / 8.12500
Windows 103000

命令リファレンスWikiトップ